courseplan
適書アドバイザーが、それぞれのご事情に合わせて適書を選び
本の使い方や楽しみ方をアドバイスカードにして共にお届けします。

高齢者施設向け
お気楽文庫が生み出すバリュー!
◆ 入居者の施設ライフのバリューアップ ⇒
毎月の配本が楽しみだ!

◆ デイサービスの利用者が増えた ⇒
新聞しか読まなかった利用者が本を読む楽しみを求めて来てくれる!

◆ 入居者、利用者とスタッフの会話が増えた ⇒
本を間にして話題作りができる!
アドバイスカードが虎の巻になっている!

◆ スタッフの教育研修のツールとして役立っている ⇒
アドバイスカードに盛り込まれた一般教養や知識がスタッフの教育研修に役立っている!

◆ 施設の差別化のアピールポイントになっている ⇒
集団ケアから個人のケアへ、新しいコンテンツサービスの始まり!
ライトコース
スタンダードコース
プレミアコース
※お気楽文庫のご注文は、メールのみの受付となります
※年間契約・一括払い (予算のご都合によっては、ご相談ください)。
※消費税、送料は別途かかります (送料の金額は地域によって異なります)
使ってみて
 たのしいデイりょうごくさんより

認知症で落ち着くことができず、動き回っていた人が、2回目の配本が届いたところ、その中の数冊の本に熱中した。じっと座って、数冊の本を丁寧にめくっていた。その集中する姿に感動した。


 プレザングラン江東亀戸さんより

入居者は100人未満の施設ですが、既に10人以上の固定利用者がいて、毎月届くのを楽しみにしています。新しく届いた本は、エントランスに展示して、以前のものは図書室に移すようにしています。施設の新しいサービスとして定着しつつあります。


 たのしいデイりょうごくさんより

導入して間もないため、まだ利用者に浸透するところまで行っていないが、届いた本が、施設の行事に役立つ本が多かったので助かりました。利用者の方々は、写真や絵が多い本を見ています。職員が積極的に利用しており、職員の研修に役立っています!


 たのしいデイほりきりさんより

今まで新聞しか読んでいなかった利用者さんが、しかけ絵本を見て、「これはすごい!」と感心していたり、手持ち無沙汰にしていた方が、風景写真を見ていて、気持ちが安らいでいるようでした。職員も楽しみにしており、利用者さんに紹介する際に、アドバイスカードがついていて勉強になっています。本を読む人は少なかったのですが、これからは変わってきそうで楽しみです。


 プレザングラン江東亀戸さんより

ちょうどコロナで緊急事態宣言が出た時期にスタートで、上手く活用できるか心配でしたが、入居者の皆さんから、「本のセレクトのセンスがいいね」といった感想や、「新しい本が届いたら教えて」といった声によかったと思っています。私たちスタッフも楽しみにしています。一緒に送られてくるメッセージカードも面白くて、楽しみです。


ぜひあなたの感想もお聞かせください