コウノトリブックス
ベイビー

  1. トップページ
  2. こうきくんの読書記録

≪こうきくんの読書記録≫

コウノトリブックスのサービスを
お母さんのおなかにいる時から
現在まで続けてくださっている
ご家族の
「こうきくんとみおちゃんの読書記録」です。

コウノトリブックスベイビー
シリーズ12-1
≪こうきくんの読書記録≫

2021年8月20日
なまえ:みおちゃん
ねんれい:1歳1か月
コウノトリブックス歴:3年1か月


~みおちゃんの読書記録~

妹のみおは、「がたんごとんがたんごとん」
という響きが面白いのか、最近のお気に入りの絵本です。
こうきの時みたいに、絵本を持って催促するように近寄ってきてくれます。
だいたい同じような時期だった記憶があり、懐かしくなりました。(生後10か月頃)

最近こうきが、「だるまさん」や「ぞうさん」などの絵本を選んで、みおに読んでくれるようになりました。
自分でも内容を覚えているので、字は読めないけれど、読めてあげられていて、驚きです!!
その後、みおはこうきが読んでくれた絵本を持ってきて、読んでー!と渡してくるようになりました。
すごいです。お兄ちゃんが読んでくれた絵本を覚えて、また読みたいと訴えてくるので
色んな能力が引き出されているのだと感じます。

お兄ちゃんが読んでいる絵本は、気になって自分でもチェックしています。笑
コウノトリブックスベイビー
シリーズ12-2
≪こうきくんの読書記録≫

2021年8月20日
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳11か月
コウノトリブックス歴:3年1か月


~こうきくんの読書記録~

こうきは、今回のアドバイスカードに
『文章を理解する能力が高く、発する言葉は、単語ではなく文章で表現するのが当たり前という感じになっているはずです。』とあり、ハッとしました。
まさに最近、文章で会話が出来るようになっています。
年齢的な成長かと思っていましたが、今までのコウノトリブックスのプログラムのおかげでいろいろな世界が繋がっているのだなと思いました。
コウノトリブックスのある日常が普通になっていたので、新しく選書を頼むと、当たり前だと思ってきたとこが、プログラムのおかげだと改めて気付かせてくれます。

先日、保育園の先生に
「こうき君は、2歳年上のお兄ちゃんが遊んでいる輪の中にも、スッと入っていって一緒に遊んでいる事が多いです。他の子は、入りたくてもなかなか入れないので、こうき君のコミュニケーション能力は高いですね!」と言って貰えました。
まだまだ譲れない年頃なので、全部が上手くいく訳ではないですが
保育園でも色んなコミュニティーに適応出来るようになっています。

また、春先から初夏にかけて保育園での散歩中に
「さくらの花は、葉っぱに変身するんやね!」と花が散って、葉桜になった様子を観察していて先生に話をして驚かせたそうです。
季節の移り変わりや、物事の変化をきちんと感じられるようになっているのも、コウノトリブックスのプログラムのおかげだと思います。
コウノトリブックスベイビー
シリーズ11
≪こうきくんの読書記録≫

2021年5月17日
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳8か月
コウノトリブックス歴:2年10か月
~こうきくんの読書記録~

今回は、日常生活で感じた事をお送りします。
先日、情報番組を観ていたら、骨格の解説が流れてきました。(健康番組を観ていました。笑)
私は何気なく観ていましたが、こうきが「父ちゃん、ほねだよー!ほね!」と言いながら、『ほね』の絵本の表紙に書いてあるポーズを真似してきました。
こうきにとっては、絵本で見た『骨』がテレビでも流れてきて、絵本とテレビが繋がった瞬間だったんだろうなと思います。
そして、自分の知識としてしっかり蓄積されていて、日常生活で見つけた時にしっかりと伝えられるようになっています。

妹のみおは、児童館の絵本の読み聞かせに連れていった時に、紙芝居で電車に手を振る話がありました。
みおと同じくらいの月齢や、少し大きい子も居ましたが、皆の集中力が切れている中、みおは、じーっと紙芝居をみて、ばいばーい!と手を振るところで一緒に手を振っていました!

こうきの時も同じような感じで、じーっと見て反応していたことを思い出しました。
みおも少しずつお兄ちゃんに追い付こうとしています。

コウノトリブックスベイビー
シリーズ10
≪こうきくんの読書記録≫

2021年4月12日
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳7か月
コウノトリブックス歴:2年9か月
~お母さんも驚き!周りの子たちよりも集中力のあるコウノトリブックスベイビーこうきくんの読書記録~

今回選んでもらった絵本のうち1冊は特にヒットしたのか毎日何回も読んでいます。
びろーん! てくてく など擬音も面白いらしく、いつも声を出して笑いながら、こうきも一緒に読みあげています。
また、登場してくるキャラクターの表情も指差しながら「◯◯としてるね~」と楽しんでいて、購入して一週間も経っていないのに、内容を覚えたのか冒頭3ページくらいの内容をすらすら話してきます。
そして、今朝は卵から恐竜が出てくるシーンを再現しながら遊んでいました。
もう1冊の絵本もシーンが切り替わると、「こうきどこかなー?」と男の子を自分に置き換えて探しています。

最近は、自宅で過ごすことが多いのですが絵本が大好きなおかげで、外に行かなくても喜んで過ごせるので助かっています。
また、周りの子達はまだまだストーリーのある絵本は最後まで集中力が持たないという子が多いです。
こうきは何冊も最後まで読んでと持ってくるので、これもコウノトリブックスの引き付ける選書で赤ちゃんの頃からたくさんの絵本に出会えたお陰だと思います。

妹のみおも、お兄ちゃんに負けじと色んな絵本を見ています。
「いちご」を読んでいたら、最後のページで大笑い、嬉しそうに手を叩いてくれました。大好きでペロリと食べる苺に大喜びしています。

コウノトリブックスベイビー
シリーズ9-1
≪こうきくんの読書記録≫

2021年3月30日 Part1
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳7か月
コウノトリブックス歴:2年9か月


~いつから絵本に興味を持ち始めた?
2歳7ヶ月になったこうきくんと7ヶ月の妹の絵本との出会い~

(Q)絵本に興味を持ち始めるのは、生後9か月ごろからとの説がありますが、
こうきくんはもっと早かったようですが? 
(A)(お母さん)
絵本に興味を持ち始めた記録ですが、こうきは、4ヶ月頃には 「はらぺこあおむし」のカラフルな色使いをキョロキョロと見回したり、動物の絵に反応していました。5ヶ月頃には、「なにをたべてきたの?」に出てくるくだものを掴もうとしていました。
妹の方は、最近(7ヶ月頃から)つかまり立ちが始まり、本棚に手が届くようになりました。なので、表紙が見えるように置いておくと、本棚の前に立って取って欲しそうにしています。
(妹は)5ヶ月頃には、こうきが読んでいる横で気になるようすでした。
6ヶ月頃には、絵本のイチゴなどのイラストをつかもうとしていました。
また、こうきと一緒に「そらまめくんのベッド」のような長い話も暫く真剣に聞くようになっていました。
二人とも一般的に絵本に興味を示す期間よりも早く、興味を持って絵本に接していると思います。
コウノトリブックスベイビー
シリーズ9-2
≪こうきくんの読書記録≫

2021年3月30日 Part2
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳7か月
コウノトリブックス歴:2年9か月







~自分で選書!~
妹の方は、こうきが絵本を持ってくると、ハイハイで一生懸命寄ってきて、一緒に見ようとしています。
こうきは毎日寝る前に3冊の絵本を選びます。その様子は真剣で、前日に呼んだ絵本は、「これは、読んだしー、どれにしようかなー?」と言いながら選んでいます。
少し前、保育園のお散歩でたんぽぽを見つけた時に、「たんぽぽ」を選んでいました。
寝る前に遊び足りなさそうな時は、「うし」や「みんな」「おめんです」「できるかな」など遊んで楽しめるものを持ってきて、牛の真似をしたり、お面を被るようにしたり、ぺれぺれー!!と叫んでから満足そうに横になります。
じっくり話を聞きたいときは、「そらまめくんシリーズ」「ぐりとぐらのえんそく」「しょうぼうじどうしゃじぷた」「いそげ!きゅうきゅうしゃ」「100万回いきたねこ」などストーリーのある絵本を持ってくるように感じます。
また、先日本屋さんに行きたいと言うので、連れていったところ
ツペラツペラの「ぱんだせんとう」と「しましまじま」を自分で選んで、毎日何回も読んでいます。
最近は読み終えた後に、「うしさん、もーっとしたね!」(うし)とか「おじいさん、うんしょ!としたねー」(おおきなかぶ)とか、自分なりに話を振り替えって簡単ですが感想を言うようになりました。
コウノトリブックスベイビー
シリーズ8
≪こうきくんの読書記録≫

2021年1月29日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳5か月
コウノトリブックス歴:2年7か月



今回は、こうきがボールを転がしながら
突然、「ぐりぐら、ぐりぐら〜」と言いながらボールを転がして遊びだしました。
最近、毎晩寝る前に「ぐりとぐらのえんそく」を読んで!と選んで持ってくるので、読んでいます。
毛糸をコロコロ転がしながら、くまさんのもとへたどり着く場面を真似して遊んでいるのだと思います。
最近は、「おおきなかぶ」ごっこもブームみたいで、「ねずみさんひっぱって、ねこひっぱって、わんわんひっぱって、まごひっぱって、おばあさんひっぱって、おじいさんひっぱって!うんとこしょ、どっこいしょーー!」と母ちゃんや父ちゃんを引っ張ってきます。

自然と絵本の場面を、自分の遊びに取り入れて楽しんでいるので、こうきにとって絵本は遊びのレパートリーを増やす道具にもなっているんだなと感じています。

また、妹に「ゆりかごのうた」を歌いながら絵本を開き、ページをめくって見せていたり、お兄ちゃんらしい一面も見ることが出来ています。

絵本を通じても、兄妹でのコミュニケーションがとれているみたいです。
絵本の世界が日常の遊びの中に自然に取り入れられている。
当たり前に見えますが、こうきくんの成長のステップに絵本がどれだけ
かかわってきたか、その成果が見えるものです。
コウノトリブックスベイビー
シリーズ7
≪こうきくんの読書記録≫
「お兄ちゃんになったこうきくんにコウノトリブックスが届いた!」

2020年9月30日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:2歳1か月
コウノトリブックス歴:2年3か月





まず、こうきは自分の分を箱から取り出した後に、妹の分も取り出し開けようとしたので「これは、〇の分よ」と言ったところ、箱を抱えて、妹のところへ走っていき「〇の!」と嬉しそうに差し出してくれました。
何が入っているか分かっているので、妹も喜んでくれると思っている様子で微笑ましく感じました。

絵本が届き、1ヶ月ほど経ちましたが、今回は「いそげ!きゅうきゅうしゃ」「ぎゅうぎゅうでんしゃ」が特にお気に入りの様子です。
「ピーポーピーポー」や、怪我をしている絵をみて「痛いねー」とか「おじいちゃんが!」と言いながら読んでいます。
今までより、絵本をみて自分の感じたことをリアクションしてくれるようになりました。
「ぎゅうぎゅうでんしゃ」では、乗れない動物を指差して、「らいおんさん、のれないねー」と悲しそうな顔をし、「のれた!」と嬉しそうにしています。物語の一員になって楽しんでいる感じがして、成長を感じます。
「〇〇〇」を読むと「おめでとうー」と言いながらお辞儀をして楽しんでいるので、自然と気持ちを伝える言葉だと理解して読んでいるのかな?と感心しました。

妹が産まれて、どうなるのか心配していましたが、思っていた程、嫉妬する事はなく、絵本を使いながら兄妹でコミュニケーションを取ってくれているので、コウノトリブックスのおかげだと感じています。

最近は、本棚の前で「えーっと...」と言いながら絵本を選んで持ってきます。
そして、お気に入りの絵本は内容を覚えているのか、なんとなく内容を読みながらページをめくっている感じがます。
(まだまだはっきり喋れないので、雰囲気だけですが。笑)
子供の記憶力はすごいなと気づかされます。
「おふろにいれて」は、おばけの登場するページが近づくと必ず、絵本から離れます。笑
怖いんだろうなと思いますが、不思議と何回も持ってきます。

絵本を通して本当に色々なリアクションが見られるので、親も楽しくなり、子供達もたくさんの刺激を受けているのだと思います。
これからも成長と共に変化するリアクションを楽しみたいと思います。
コウノトリブックスベイビー
シリーズ6
≪こうきくんの読書記録≫

2019年11月20日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:1歳2か月
コウノトリブックス歴:1年5か月

りんごが好きなので、食いつくかな?と思って父ちゃんが渡した絵本より、
ご飯のイラストの方が気になったらしく、こっちから読んで!
と言わんばかりに飛び付きました。笑
食べ物の中でも自分なりの優先順位があるみたいです。
表紙から中身がどんなのか想像しているのかな?と思うと凄い事です!!
面白いやりとりが見られて楽しかったです。笑

表紙を見ただけで、
どんな内容の絵本か想像をして、
先に読んでもらう絵本を選んでいるこうきくん。
お父さん、お母さんにとっても、
コウノトリブックスが届くと
毎回新しい発見があるようです♪
コウノトリブックスベイビー
シリーズ5
≪こうきくんの読書記録≫

2019年11月5日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:1歳2か月
コウノトリブックス歴:1年5か月

最近は、いろいろバスの最後のページが最近のお気に入りです。
気になるものを指差して、父ちゃんに「これは何?」
って聞いているような感じがします。
色々な物に興味を示すようになってきたので、
絵本を通して吸収しようとしているのかな?
と思いながら見ていると凄い事だなと感じる毎日です。

声を出して、読み聞かせをしている
お父さんの言葉を真似したり、
「これは何?」と聞いたり、
言葉としては発せなくても、お父さんとの
コミュニケーションが楽しそうですね★
コウノトリブックスベイビーのこうきくん、
話せるようになると、おしゃべりになるかもしれません♪
コウノトリブックスベイビー
シリーズ4
≪こうきくんの読書記録≫

2019年10月23日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:1歳2か月
コウノトリブックス歴:1年5か月

ここ2,3日、「もりのてぶくろ」を良く読んでと持ってくるようになりました。
実はこれまでは、あんまり興味を示していなかった絵本です。
どうしてだろう?と思って考えた結果、1週間前に歩けるようになったで、
外に連れていった時に、落ち葉の上を楽しそうに歩いていた事を思い出しました!
それで、葉っぱの絵本に興味を持つようになったのだと思います。
子供が興味を持つきっかけは、色んな所にあるんだと気づかされました。

あまり読んでいなかったのに、どんな絵本だったのか覚えていて
持ってきたんですね。
コウノトリブックスは毎回驚きでいっぱいです!

歩けるようになったことがきっかけで
興味と絵本が繋がった瞬間ですね!
コウノトリブックスベイビーのこうきくん、
これから色々なものに興味が出始めて
もっと絵本が楽しくなりますね♪
コウノトリブックスベイビー
シリーズ3
≪こうきくんの読書記録≫

2019年10月17日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:1歳1か月
コウノトリブックス歴:1年4か月

ご飯を作っている間、静かだなぁっと思ったら
自分で絵本を引っ張り出して上手にめくって読んでいました!
この食べ物がたくさんのページがお気に入りみたいです。

やっぱり食べ物が大好きなこうきくん。
お母さんがご飯作ってくれている間、
おなかをすかせながら、
食べ物のページを読んでいたのでしょうか♪
家事をしている間、
こうして待ってくれていると
お母さんも助かりますね!
コウノトリブックスベイビー
シリーズ2
≪こうきくんの読書記録≫

2019年10月2日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:1歳1か月
コウノトリブックス歴:1年4か月

大好きなだるまさんの絵本を2冊取り出してから、
どっちにするか悩んだあげく、果物の方を選びました。
背表紙のバナナを見て、いただきますをしていて、
本当に食べることが好きなんだなあ、と思いました。
1歳になったばかりですが、自分の読みたい本・好きな本が明確で
それを選ぶことができることに、毎度驚きです!

こうきくんのどっちにしよう〜と悩み
選んでいる姿は、どちらの絵本も
こうきくんの中に蓄積されているからこそ
できることですね。
こうきくんの成長には、わたしたちも
毎度驚きとうれしさと自信に繋がります。
コウノトリブックスベイビー
シリーズ1
≪こうきくんの読書記録≫

2019年9月11日現在
なまえ:こうきくん
ねんれい:1歳0か月
コウノトリブックス歴:1年3か月

読んで欲しい絵本を一生懸命持ってきてくれました。
まだ歩けないので、余計に読んでほしい意欲が伝わってきました

必死でお母さんに「読んで~~~!!」と
絵本を持ってきている姿がなんとも愛らしいですね。
こうきくんは、コウノトリブックスが届いたら
すぐに読んでほしい絵本を選び、「あいっ」と
読んでほしい絵本を差し出してくるそうです。

自画自賛させていただきますが・・・
コウノトリブックスが子どもたちはもちろんのこと
お母さん・お父さんを虜にしてしまっていることが
とても嬉しく、もっともっとたくさんの人たちに
使ってもらいたいという意欲にもなります!